承認欲求

承認欲求とは他人から認められたいとする感情のことだ。人間は現代社会で生きていく上で、なにかに認められたいと思うようになる。自分が他人を認めるようになると、自分もそれと同じように他人に認められたいと思うようになる。だから、他人を認めることが出来なければ、他人に認められようとする意識が希薄となり、結果として承認欲求が満たされなくなる人が多い。また、承認欲求には上位承認、対等承認、下位承認と種類がある。下位承認はいわゆるマゾヒズムと関係してくるので若干趣は異なるが、主に必要なのは他人よりも上に立ちたい、または対等な立場で認められたいという欲求だ。

現代人で、承認欲求に満足している人はどれほどいるだろうか。中には否定されまくっている人も確実にいる。キャバクラに行く目的は、そんな承認欲求を満たされたいがためのものが多いかもしれない。キャバクラは、上記の、現代人と承認欲求に関して最適とも言えると考える。

キャバクラでは愚痴を言って良い。仕事でもプライベートでもストレスは付き物。溜め込まずに、たまには思いっきり愚痴ってみるのも必要だ。嬢も仕事だから、イヤな顔もせず共感しながら気持ち良く聞いてくれるだろう。そこに料金が発生する。トラブルを犯さない限りこの関係は対等と考えて良い。また、人によってはお金を払うことで上位承認を満たすことが出来るかもしれないし、思い通りにいかない嬢のこと、下位承認を満たす人もいることだろう。 このように、キャバクラは非常に社会的な存在だと言える。 キャバ嬢側にしてみれば、いろいろな客がいるということだ。

〇PICK-UP
キャバクラ系求人情報が多数掲載されているサイトです ⇒ キャバクラ

Copyright © 2014 キャバクラの客 All Rights Reserved.